技術サンプル

過去のプロジェクトで調査を行った際に作成したサンプルアプリを設置しています。



KizAPIから取得したランキング結果ごとに、GoogleAPIから書籍情報を取得する

以下はKizAPI(きざっぴ)から取得したブログで人気のあるワード1~10位について、Google Books APIから書籍情報を取得している

※ 表示しているランキング結果は最新ではありません。
  Google Books APIの1日のアクセス制限に抵触しないよう定期的にランキングと書籍を収集した後、
  表示しています。
※ 書籍は、ワードと関連度の高いもの順で最大5件表示していますが
  造語などの場合、関連の書籍以外のものが表示されることがあります。

第1位:セネガル戦
ヒディンク・コリアの真実
出版社:Pitch communications
著:慎武宏(シン・ムグァン)
分類:Fiction
ヒディンクほど、韓国国民に愛されているサッカーの指導者はいない。韓国で国民的人気を誇るサッカーというスポーツでで、W杯4位にチームを導き、それまで誰も為し得なかった結果を残したからだ。ヒディンクは一体、何をしたのか。当時、ボロボロだった韓国代表に何を与えたのか。その人格と能力、チーム作りのノウハウをこめた1冊。韓国代表選手たちの豊富な証言をもとに、その真実に迫る!韓国代表をベスト4に導いたヒディンクのXファイルとは……。韓国代表の500日を密着取材。ミズノスポーツライター賞受賞作
プレビュー
ロシアワールドカップ観戦TV LIFE
出版社:学研プラス
著:TV LIFE特別編集
分類:Sports & Recreation
サッカー・ロシアワールドカップをテレビ観戦するファンにとって必携の1冊。テレビ情報誌だからできる見やすいスケジュールや詳細な各国分析、グループリーグ展望に加えて、選手のストーリーなど読み物企画も充実。
プレビュー
吉田麻也 レジリエンス——負けない力
出版社:ハーパーコリンズ・ジャパン
著:吉田麻也
分類:Biography & Autobiography
転んだら、起きればいい。 日本人初のキャプテン任命、チームMVP、世界最高峰リーグで結果を出し続ける男。 サッカーの母国で生き抜く“Unbeatable Mind(アンビータブルマインド)”とは—— [日英同時発売!] センターバックは、90分間のうち89分59秒守り抜いても、たった1秒のミスで致命傷をチームに与えかねないポジションだ。 たとえどんなにいい仕事をしてもフォワードの選手ほど注目はされず、失点すれば非難される。 それって報われないんじゃない? と訊かれたらそうかもしれない。 だからこそ、そんな自分を応援してくれる人たちには感謝の気持ちでいっぱいだ。 人生という旅の途中で雨に降られたり嵐に巻き込まれたりした時、レジリエンスは前を向いて歩き続ける力になってくれる。 その力はきっと誰にでもあるのだと、本書を通じて気づいてもらうことができたら、僕は本当に嬉しい。 ——本文より抜粋 〜吉田麻也を構成する8つのレジリエンス〜 【弟力】年長者や目上の人と過ごすことで、物怖じしない心が育まれる。 【英語力】ペラペラである必要はない。「ペラ」で勝負すればいい。 【選択力】何を選びどう生きるか、後悔しないよう決めるのは自分だ。 【アジャスト力】変化=フレッシュなリスタート。怖れることはない。 【スルー力】批判は必ず起きるもの。無駄にエネルギーを消費しない。 【反発力】前例は覆すために、固定観念は破るためにある。 【リスペクト力】相手に対する敬意が、自分に対する敬意を呼ぶ。 【バランス力】剛が生きるのは柔があるから。辛い時はいっそ笑おう。
プレビュー
「ドーハ以後」ふたたび
出版社:PHP研究所
著:杉山茂樹
分類:Sports & Recreation
93年のオフト時代から12年のザッケローニ時代まで、日本サッカーはどのように歩んできたか? 世界と比較して徹底検証する。
プレビュー
山本五十六異戦録2
出版社:学研プラス
著:田中光二
分類:Fiction
プレビュー

第2位:大阪北部地震
大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇
出版社:SBクリエイティブ
著:森綾
分類:Business & Economics
大阪おばちゃんの生きるのがラクになる言葉 生命力にあふれ、情にあふれ、わが身が大事でその次に人が大事。 そんな大阪のおばちゃんたちのエネルギッシュなパフォーマンス、コミュニケーション能力こそ、世界に通ずるダイバーシティ人間力である。 そんな彼女たちの生き方を、彼女たちの言葉を取り上げながら学ぶ。 思わず笑える、ときにほろりとくる、読んだら元気になる一冊。 大阪のおばちゃんは、自由である。 大阪のおばちゃんは、わがままである。 大阪のおばちゃんは、情深い。 大阪のおばちゃんは、現実を知っている。 大阪のおばちゃんは、子どもはみんなで育てる。 大阪のおばちゃんは、美味しいことが一番大事。 大阪のおばちゃんは、空気を仕切る。 大阪のおばちゃんは、恥を知っている。 大阪のおばちゃんは、すべてを笑い飛ばす。 大阪のおばちゃんは、やるときはやる。 大切なことは全部、大阪のおばちゃんが教えてくれた。 喜びも悲しみも怒りも楽しみも。 人として生まれた以上、 誰もが平等に、誰もが感じる権利があるのだ。 死にたいほど寂しくなったら、 大阪のおばちゃんの言葉を思い出そう。 大阪のおばちゃんのように口に出して言ってみよう。 なるようにしか、ならへんて。
プレビュー
大阪府統計書
出版社:
著:
分類:
プレビュー
地震予報
出版社:PHP研究所
著:串田嘉男
分類:Social Science
「巨大地震は事前に予報することができる」――相次ぐ的中によって従来の常識をくつがえした著者が、16年に及ぶ研究成果を集大成。
プレビュー
晴れた日に恐れよ
出版社:SAIKO SHUPPAN
著:浅田正
分類:
プレビュー
大阪市役所總務課大阪史編纂係第一回展覽會目〓
出版社:
著:Osakashi
分類:
プレビュー

第3位:サッカー観戦
宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術
出版社:株式会社朝日新聞出版
著:宮本恒靖
分類:Sports & Recreation
サッカーを観戦するとき、選手を見るとき、「点を入れた、外した」「攻めている、守っている」だけでなく、「監督のイメージする戦術を実現させているのは誰か」「ボールがないところでどんな動きをしているか」などを頭に入れていれば、もっと面白くなる! 元日本代表キャプテンの宮本恒靖が、自身の代表、Jリーグ、海外チームでの実際の体験を元に、新しいサッカー観戦の方法を提案。五輪、W杯予選などの際、ワンランク上のサッカー観戦をしたい人にぴったりの1冊です。
プレビュー
中田浩二の「個の力」を賢く見抜く観戦術 - サッカーが11倍楽しくなる! -
出版社:ワニブックス
著:中田浩二
分類:Sports & Recreation
“戦術バカ”では、試合は楽しめない! 現在、テレビ『やべっちF.C.』の解説者としても活躍中のサッカー元日本代表の中田浩二。 現役時代のプレースタイルと同じく、“賢い”サッカーの観方を初公開。 90分間ずっとサッカーを面白く観るために、選手の「個の力」を見抜くシンプルな方法とは? 現日本代表選手の真の「個の力」、1999年ワールドユース、2002年ワールドカップ日本代表の知られざるエピソード、 鹿島アントラーズ時代に培われた“勝者のメンタリティー”などのテーマから語り尽くされるサッカー観戦術本の決定版。 内田篤人選手推薦! 「もっと浩二さんと一緒にプレーしたかった。 そして、知的で奥深いサッカー観を学びたかった」 【著者情報】 中田浩二(なかた こうじ) サッカー解説者/鹿島アントラーズC.R.O 1979年7月9日生まれ。滋賀県出身。 元サッカー日本代表。左利き。帝京高校を卒業後、鹿島アントラーズへ加入。 主にボランチ、センターバックとして活躍。在籍中にJリーグの年間チャンピオン5回、 ヤマザキナビスコカップ4回、天皇杯2回など、数多くのタイトル獲得に貢献する。 日本代表として、2002年ワールドカップ・日韓大会、2006年ワールドカップ・ドイツ大会に出場。 2004年には欧州移籍を果たし、マルセイユ(フランス)、バーゼル(スイス)でプレー。 2014年シーズン限りで現役を引退。Jリーグ出場266試合33得点、国際Aマッチ出場57試合2得点。 2015年より鹿島アントラーズのC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)に就任。 スポンサー、パートナー、サポーター、行政機関などのステークホルダー(利害関係者)とクラブをつなぐ役割を担う。 また、サッカー解説者としても『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、 プレー同様冷静でわかりやすい解説が人気。本書が初著書になる。
プレビュー
超カンタンにわかる!少年サッカールール 8人制サッカー、フットサルもバッチリ!
出版社:主婦の友社
著:
分類:Sports & Recreation
サッカーは世界中で最も愛されているスポーツ。 1個のボールさえあれば、いつでも、どこでも、だれでもできるシンプルなスポーツだからです。 そのシンプルなサッカーをより奥深く、おもしろいものにしているのが「ルール」。 「オフサイドってどこで見分けるの?」「ファウルスローって?」「直接フリーキックと間接フリーキックの違いは?」 「ゴールはどの瞬間に決まるの?」などなど、意外に正確なルールを知らないままプレーをしたり観戦したりしているものです。 本書ではこれからサッカーをはじめる少年向けに「基本ルール」を写真とイラストでわかりやすく解説。 サッカー未経験のパパ&ママ審判やコーチも必見。 ホイッスル、ファウル、イエローカードといったレフリングのポイントもしっかり説明します。 2011年より導入された8人制サッカーやフットサル、さらには新ルールなどにも対応。
プレビュー
宮本式・ワールドカップ観戦術
出版社:株式会社朝日新聞出版
著:宮本恒靖
分類:Sports & Recreation
元サッカー日本代表主将・宮本恒靖が、サッカーW杯をより楽しく、詳しく観戦するための知識を伝授。自身の代表時代の逸話から現日本代表や優勝候補チームについての的確な分析まで。あなたのW杯観戦力が確実に向上します。
プレビュー
サッカーの見方は1日で変えられる
出版社:東洋経済新報社
著:木崎 伸也
分類:Sports & Recreation
プロはどこを見て、チーム・選手の実力を判定するのか? ボールを追うのは三流。陣形を論じるのは二流。サッカーを「見る技術」を初めて完全体系化。読めばW杯が100倍楽める。
プレビュー

第4位:宝塚記念
競馬大予言 18年夏競馬号
出版社:笠倉出版社(インプレス)
著:笠倉出版社
分類:Crafts & Hobbies
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 [ご利用前に必ずお読みください] ※誌面内の目次やページ表記などは印刷版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。 ※一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。 ※電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。 以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。 ◆馬券に特化した誌面構成 馬券を当てることに特化した競馬ムック。 従来の競馬雑誌にありがちな馬券検討に何らつながらない読み物、周辺記事を排除し、 馬券的中に役立つ情報、データのみを厳選して掲載。 その情報の精度、オカルトデータを駆使した的中への導き方は、 発刊後十数年を経た今もアツい支持を集めている。 ◆18年夏競馬号 掲載重賞 ・宝塚記念 ・アイビスサマーダッシュ ・クイーンステークス ・レパードステークス ・小倉記念 ・関屋記念 ・エルムステークス ・北九州記念 ・札幌記念 ・新潟2歳ステークス ・キーンランドカップ ・札幌2歳ステークス ・新潟記念 ・小倉2歳ステークス ・紫苑ステークス ・京成杯オータムハンデキャップ ・セントウルステークス
プレビュー
ウイニングポスト8 2016 コンプリートガイド 下
出版社:コーエーテクモゲームス
著:コーエーテクモゲームス商品部
分類:Games
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ゲーム開始の1982年から現在までの各年度の行動指標を、おすすめ馬とともに紹介! 全イベントの発生条件や結果の公開に加え、「秘書チャレンジ」の課題もすべて掲載。
プレビュー
お金を使わないで楽しめるKEIBA
出版社:ごきげんビジネス出版
著:小野しゅんと
分類:Games
本書では競馬をしない方でもお金を使わないで楽しめる方法・新たな楽しみ方を記載しています。 テーマパークや遊園地もいいけど、お金がかかるのが難点。 競馬場は100円~200円で十分1日楽しめますので、是非見て頂きたく思います。 ファミリーやカップル、お友達同士で盛り上がって下さいね~! 【著者プロフィール】 著者:小野 しゅんと 1970年生まれ、長崎県出身の焼肉店店長。 競馬歴30年、的中率・総獲得金額は正直データーを取っている訳ではないので不明。 但し、50万円以上の「投資」に関しては100%の的中率。 「投資」レースは年に何回もある訳ではなく、1年間全く買わない時もある。 著書に「人生の本当の楽しみ方、考え方」があり、ここで競馬観と実績の一部を掲載。
プレビュー
黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語
出版社:講談社
著:石田敏徳
分類:Social Science
現役時代は「シルバーコレクター」として人気のあったステイゴールド。今でこそ日本競馬界屈指の種牡馬として名声を轟かせている同馬だが、原点に立ち返ってみれば、「将来の成功を約束された種牡馬」ではなかった。しかし、オルフェーヴル、ゴールドシップ、レッドリヴェールら産駒が次々とG1を勝つことで、状況は一変。「社台をここまで本気にさせた日高の種牡馬は過去にいなかった」と評されるまでに至った軌跡をたどる。
プレビュー
競馬大予言 17年秋GIトライアル号
出版社:笠倉出版社(インプレス)
著:笠倉出版社
分類:Crafts & Hobbies
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 [ご利用前に必ずお読みください] ※誌面内の目次やページ表記などは印刷版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。 ※一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。 ※電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。 以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。 ◆馬券に特化した誌面構成 馬券を当てることに特化した競馬ムック。 従来の競馬雑誌にありがちな馬券検討に何らつながらない読み物、周辺記事を排除し、 馬券的中に役立つ情報、データのみを厳選して掲載。 その情報の精度、オカルトデータを駆使した的中への導き方は、 発刊後十数年を経た今もアツい支持を集めている。 ◆17年秋GIトライアル号 掲載重賞 ・スプリンターズS ・秋華賞 ・セントライト記念 ・ローズS ・オールカマー ・神戸新聞杯 ・シリウスS ・サウジアラビアロイヤルC ・毎日王冠 ・京都大賞典 ・府中牝馬S
プレビュー

第5位:夏至
オックスフォード&ケンブリッジ大学 さらに世界一「考えさせられる」入試問題 「まだ、あなたは自分が利口だと思いますか?」
出版社:河出書房新社
著:ジョン・ファーンドン/小田島恒志/小田島則子
分類:Education
英国エリートたちの思考力を磨いてきた「さらに考えさせられる入試問題」。ビジネスにも役立つ、どこから読んでも面白い難問奇問、まだまだあります!
プレビュー
欽定古今圖書集成
出版社:
著:
分類:Encyclopedias and dictionaries, Chinese
プレビュー
皇朝文獻通考
出版社:
著:
分類:
プレビュー
致富全書
出版社:
著:
分類:
プレビュー
太平御覽
出版社:
著:
分類:
プレビュー

第6位:真夏日
知ってるようで知らない「お天気」の本
出版社:PHP研究所
著:大野治夫
分類:Science
「雪はどうして白いの?」「気圧の谷って何のこと?」など、天気や天気予報にまつわる意外な話・面白い話を気象予報士がやさしく解説!
プレビュー
気象・天気の新事実
出版社:新星出版社
著:木村龍治
分類:Science
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 大好評、『地球・生命の大進化』からはじまった大人のための図鑑シリーズの第3弾! 美しい画像とCGイラストで、知らなかった天気・気象がよくわかる一冊! 豪雨や豪雪、猛暑、竜巻など、ここ数年、気象にかかわるさまざまな異常現象を身近に感じることが増えた『気象・天気』について、本書では、その基本としくみをわかりやすく紹介しながら、天気図はどうやって読むのか、異常気象とはどんなものか等まで、最新の観測結果をもとに丁寧かつダイナミックなイラストでわかりやすく解説していきます。
プレビュー
天気と気象がよくわかる本
出版社:笠倉出版社
著:岩槻秀明
分類:Science
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 雪の結晶は気温で変わる?台風の異常発生は気候変動のせい?空に浮かぶ雲ができるしくみとは?大きな被害を残す竜巻の原因は?「天気予報」はいつ、どんなきっかけで始まったのか?「天気」と「気象」の違いは?そんな天気や気象のことを基礎からわかりやすく、雑学を交えて楽しくまとめました。図解オールカラーでわかりやすく解説しているので、子供から大人までお楽しみいただけます。 【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。 ●表紙●第1章「気象ってなんだろう?」●第2章「もっと知りたい!日本の気象」●第3章「もっと知りたい!世界の気象」●第4章「歴史に残る気候変動」●第5章「天気とくらしの不思議な関係」●第6章「天気予報のつくり方」●第7章「自分で天気を予測してみよう」●第8章「いろいろあるぞ!天気予報」
プレビュー
ゼロの日に叫ぶ 戦力外捜査官
出版社:河出書房新社
著:似鳥鶏
分類:Fiction
都内の暴力団が何者かに殲滅され、偶然居合わせた刑事二人も重傷を負う事件が発生。警視庁の威信をかけた捜査が進む裏で、東京中をパニックに陥れる計画が進められていた――人気シリーズ第三弾!
プレビュー
日本の365日 季節の道しるべ
出版社:マガジンハウス
著:日本気象協会
分類:Social Science
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 春、夏、秋、冬。日一日と暦をめくりながら、季節の変化を感じ、受け止める。 そんな私たちの日常を取り巻くのが、気象現象です。 この本では日本気象協会の監修のもと、365日にわたって生活の知恵と、暮らし方のヒントを集めました。 同協会が長年にわたって観測してきた日本の気象データに基づいて、季節の言葉、歴史や文化のエピソード、旬の食べものや身体の健康、防災の心構えなどを読みやすく記した、いわば「気象でひもとく暮らしの歳時記」です。 かつて雑誌クウネルに連載していた人気コーナーの待望の書籍化であり、四季に彩られた日本に暮らす喜びとともに、一日一日を大切に抱きしめたくなるような一冊です。
プレビュー

第7位:ニッポン
「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす
出版社:イースト・プレス
著:古谷経衡
分類:Social Science
文春砲、不倫狩り、自主規制……なぜ、彼らは「バッシング」に奔(はし)るのか? ネット社会が生み出した現代のクレーマーである「道徳自警団」。 法律ではなく、道徳的であるか否かでものごとを裁き、テレビ局はもとよりスポンサー企業、雑誌社、ニュースサイトの編集部、市役所、町村役場、著名人、政治家、はては無名の個人にまで電凸、メール、FAX攻撃を容赦なく浴びせる。 現在ではそれに恐れをなした有名人が発言を自粛。これこそ現在の日本の「息苦しさ」の正体そのものではないか。 本書では具体例をもとに、このやっかいな現代のクレーマーとどう対峙するかの道筋を提示する。
プレビュー
Casa BRUTUS特別編集 ニッポンが誇る「モダニズム建築」
出版社:マガジンハウス
著:マガジンハウス
分類:Design
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 Casa BRUTUS特別編集 ニッポンが誇る「モダニズム建築」 完全保存版トラベル・ガイド 外国人向けのガイドブックには、日本の様々な名所・旧跡に混じり、日本独自の発展を遂げたモダニズム建築の数々が紹介されています。 そんな日本の観光資源ともいえる、戦後1950年代~1970年代までにつくれたモダニズム建築を「カーサ ブルータス」が独自の視点でピックアップ。 魅力あふれるモダニズム建築の数々を紹介するトラベル・ガイドです。 ●名作88件モダニズム建築MAP ●トーマス・マイヤー緊急来日!ニッポンのモダニズム建築を救え。 ●ホテルオークラのデザイン研究。「意匠」の秘密をご存じですか? ●トーマス・マイヤー、杉本博司と日本のモダニズム建築を語る。 ●M・ハウエル、P・スミス‥・コメント集「なくらないで、私のオークラ」 ●日本モダニズム建築の父、タウトとレーモンドを知っていますか? ●ドコモモって何? ドコモモ選定174建築リスト ●さよなら、<神奈川県立近代美術館 鎌倉> 写真 ホンマタカシ ●本物の「和モダン」を知っていますか? 日本のモダニズム7人の巨匠たち ●今すぐ重要文化財に指定したい、モダニズム建築88件リスト ●日本のモダニズム建築を巡る10の旅へ 山陰 寒河江 岡山 高松 金沢 津山 常滑 横浜 世田谷 南あわじ And more…… ※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。
プレビュー
ニッポン定食散歩
出版社:竹書房
著:今柊二
分類:Crafts & Hobbies
祝!定食食べ歩きガイドエッセイシリーズ10周年!! 生姜焼き、エビフライ、マーボー豆腐、焼魚、コロッケ、とんかつ、オムライス… “定食マエストロ” 今柊二がさすらい見つけた 心身にガツンとパワーをくれるメニューの数々を“定食評論家”今柊二氏がご案内します。 (内容紹介) “定食マエストロ”今柊二の食べ歩きガイドシリーズ第一弾『定食ニッポン』が刊行されてから丸十年。今回再びステキな定食求めて山手線1周定食巡りの旅に出発!! 10年経って変わるもの変わらないもの、地元客で溢れる昔ながらの定食屋やサラリーマンたちがどんどん吸い込まれていく中華屋、おかみさんの温かい人柄が人気の食堂、何度でも通いたい洋食屋…心もお腹もきっと満足できるオススメの名店をご案内します。
プレビュー
ニッポン音楽
出版社:Google Play Books
著:
分類:Literary Collections
プレビュー
ニッポン絶滅種辞典
出版社:学研プラス
著:ニッポン放送
分類:Social Science
ニッポン放送の朝番組「高嶋ひでたけのあさラジ!」の人気コーナー「ニッポン絶滅種辞典」が本になった!今では見られなくなってしまった光景、生活道具、暮らしの習慣、使われなくなった言葉など、おかしくて懐かしくて、どこか切ない「絶滅種」を紹介。
プレビュー

第8位:梅雨明け
step you -梅雨明け- 【単話売】
出版社:宙出版
著:助知奈
分類:Comics & Graphic Novels
小さな不安が梅雨とともに育ち、私達の恋は雷とともに終わりそう。だけど重く立ち込める雲が晴れれば、そこには明るい恋がきっと待っている。 ※本作品は、他コンテンツに収録されている場合がございます。重複購入にご注意ください。
プレビュー
天気と気象がよくわかる本
出版社:笠倉出版社
著:岩槻秀明
分類:Science
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 雪の結晶は気温で変わる?台風の異常発生は気候変動のせい?空に浮かぶ雲ができるしくみとは?大きな被害を残す竜巻の原因は?「天気予報」はいつ、どんなきっかけで始まったのか?「天気」と「気象」の違いは?そんな天気や気象のことを基礎からわかりやすく、雑学を交えて楽しくまとめました。図解オールカラーでわかりやすく解説しているので、子供から大人までお楽しみいただけます。 【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。 ●表紙●第1章「気象ってなんだろう?」●第2章「もっと知りたい!日本の気象」●第3章「もっと知りたい!世界の気象」●第4章「歴史に残る気候変動」●第5章「天気とくらしの不思議な関係」●第6章「天気予報のつくり方」●第7章「自分で天気を予測してみよう」●第8章「いろいろあるぞ!天気予報」
プレビュー
この話ってホントですかぁ?
出版社:河出書房新社
著:素朴な疑問探究会
分類:Reference
たとえば「CDを冷凍すると音が良くなる」ってホントですかぁ?アポロ11号の月面着陸はウソ?「充電池は使い切ると長持ち」は本当?よく言われるウワサの真相を大検証!
プレビュー
天気と気象
出版社:笠倉出版社
著:岩槻秀明
分類:Science
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 雲や風のメカニズム、異常気象からエルニーニョ現象までオールカラーイラストで解説 「天気予報」がいつ、どんなきっかけで始まったかご存知でしょうか? 「天気」と「気象」の違いってなんでしょうか? この本ではそのような天気や気象のことを基礎からわかりやすく、少し雑学を交えて楽しくまとめてあります。天気や気象に関する基礎知識はもちろん、日本の天気の特徴や世界の気象の最近の傾向、歴史に残る気象変動や異常気象のこと、天気と暮らしの不思議な関係、それからテレビや新聞、ネットでよく目にする天気図の読み方なども紹介してあります。不思議で楽しい天気と気象の世界をご堪能ください。 【ご利用前に必ずお読みください】■誌面内の目次やページ表記などは紙版のものです。一部の記事は、電子版では掲載されていない場合がございます。■一部マスキングしている写真、掲載順序が違うページなどがある場合がございます。■電子版からは応募できないプレゼントやアンケート、クーポンなどがございます。以上をご理解のうえ、ご購入、ご利用ください。 ●表紙 ●巻頭特集「近年、迫りくる自然の猛威」 ●第一章「気象とはどんなもの」 ●第二章「もっと知りたい日本の気象」 ●第三章「もっと知りたい世界の気象」 ●第四章「気象とくらしの不思議な関係」
プレビュー
天気と気象100 -一生付き合う自然現象を本格解説-
出版社:株式会社 オーム社
著:饒村 曜
分類:Nature
・台風・竜巻等の自然現象から警報や気象観測といった防災情報まで天気にまつわる全てのことが本書1冊でよくわかる! 近年、竜巻やゲリラ豪雨、雹といった激しい気象現象が頻繁に発生しています。 天気や気象は、私たちの日常生活に恩恵を与えることもあれば、逆に災害をもたらすこともあり、常に何らかの影響を及ぼしています。そんな身近な天気・気象ですが、日々の技術進歩や災害警報、気象現象について、知らない事や知られていない事、曖昧なままにしている事がまだまだ多いものです。 本書では、天気と気象についての疑問を100の項目に分け「最新のデータ」や「写真・イラスト」等を交えて、分かりやすく、徹底的に解説しています。きっと、これからの天気を見る目が変わります。
プレビュー

第9位:アジサイ
Hanako特別編集 温泉と、おいしいものと。東京からちょっと離れて1泊2日の旅の宿。
出版社:マガジンハウス
著:マガジンハウス
分類:Travel
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。 都内から電車で1時間ほどでアクセスでき、週末の1泊2日で楽しめる 「宿」+「食事」の特集です。 例えば、これまで日帰りのイメージが強かった鎌倉。 けれど、昼間はお寺をめぐり、そのまま鎌倉で夕食、 あとは泊まってのんびり帰るというタイプの楽しみ方をする人も増えています。 鎌倉のおいしい店はHanakoでも定評のあるテーマ。 地元のおいしいもの好きが夜な夜な集って飲んだり食べたりしている、 思わず時間がたつのも忘れてしまうお店を紹介。 ゆっくり過ごす鎌倉を取材します。 同時に週末の気分転換に、関東の宿でカジュアルに過ごす旅をまとめます。 鎌倉、熱海、伊豆七島はじめ、計画を気軽にたてやすく、 1泊2日でも心身ともにしっかりリフレッシュできる、 眺めているだけでさっそく出かけたくなる旅を提案する1冊です。
プレビュー
身近な花の知られざる生態
出版社:PHP研究所
著:稲垣栄洋
分類:Nature
本書は、NHKラジオ深夜便「花の魅力 花のふしぎ」で人気の著者最新刊。昆虫をあざむき、鳥たちを魅了する。美しい花々のすごい生き残り術とは? 植物が花を咲かせるのは、自らの子孫を残すためである。花が美しい花びらを持っているのは、花を目立たせて、昆虫に見つけてもらうためである。そして、芳醇な香りや甘い蜜で昆虫を誘うのである。花の美しい色も、複雑な形も、すべては昆虫に花粉を運ばせるためである。こうして、色とりどりの花々が咲き乱れているのだ。(「はじめに」より抜粋)○本書の目次より○バラ—綺麗なバラにトゲがある理由/マーガレット—恋する乙女たちの数学/ミズバショウ—スカンク呼ばわりされる花/スィートピー—誰がために花は咲く/アザミ—人類が初めて出会った雑草/コスモス—秩序ある花のひみつ/ポインセチア—クリスマスは似合わない/ヤドリギ—神聖なパラサイト…… 【PHP研究所】
プレビュー
ブーケとリース
出版社:主婦の友社
著:平井かずみ
分類:Crafts & Hobbies
インテリア誌『PLUS1 Living』(プラスワンリビング)を始め、イベント等で人気のフラワースタイリストによる、著者はじめての「ブーケとリース」だけの本。特別な日だけでなく、日常の中で、ブーケとリースのある暮らしを提案。四季に合わせた、手に入れやすい花使いです。全編、雑誌・書籍で大人気のカメラマン加藤新作氏の撮りおろし。優しく可憐なスタイリングと力強くスタイリッシュな写真の見事なコラボレーションで、ブーケとリースの世界を魅せます。
プレビュー
まっぷる 鎌倉
出版社:株式会社昭文社
著:昭文社
分類:Travel
定番も!トレンドも!鎌倉で今行きたい場所が必ず見つかるコンパクトな一冊です。季節の花、寺社、江ノ電、話題のグルメ&カフェ、鎌倉野菜、着物さんぽ、鎌倉大仏、ボタニカル、江の島の島カフェまで、鎌倉で体験したいキーワードを要チェック!豪華付録は「花寺めぐり」・フォトジェニックなNEW OPENのショップ満載の「小町通り」・コメント付で持ち歩きに便利「鎌倉街歩きMAP」の3本立て。いざ鎌倉へ! ※電子書籍版には大判付録「鎌倉花寺MAP」、デジタル付録「まっぷるリンク」は収録していません。ほか一部コンテンツが収録されていない場合があります。 ※電子書籍版はプレゼント応募対象外です。 「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊まる」のおすすめ情報をぎっしり収録した、雑誌タイプの旅行ガイドブックです。現地を120%堪能するツウな過ごし方、新しい遊び方など、旅をアクティブに楽しむための情報が満載です。
プレビュー
義兄の溺愛に甘く、とろけて、結ばれて…
出版社:ニューメディアプレス
著:にけみ柚寿/広瀬コウ
分類:Fiction
「本当はいつだって男として接したかった」 鈴花が想いをよせるのは血のつながらない兄、芳浩。今は遠くで暮らす芳浩だが、毎年鈴花の誕生日を祝ってくれた。どんなに忙しくても鈴花のもとに駆けつけてくれる芳浩の負担にはなりたくない鈴花。そんな彼女に芳浩は「これからは恋人として鈴花の誕生日を祝いたい」と打ちあける。 ――本気? 芳浩にはすきな女性がいたのでは? 大すきな義兄は異性として自分を求めていた……、本当に?とまどいながら、義兄の甘やかな愛撫に溺れていく鈴花。そして芳浩は鈴花が思いもよらないことを告げ――!
プレビュー

第10位:夕焼け
夕焼けに染まる海辺で
出版社:Harlequin / SB Creative
著:著者:藤臣美弥子,原作者:ジョージー・メトカーフ
分類:Comics & Graphic Novels
念願の医師になったエミリーは、世界でたったひとりの家族である祖母ビービーと過ごすために故郷へ帰ってきた。祖母の病状は重く、一緒に過ごせる時間も残り少なくなっていた...。悲しみを胸に海辺を訪れたエミリーは、夕焼けに染まる美しい男性を見かけた。驚いたことに、その男性ザイールはエミリーの新しい職場の医長で、異国の名門一族の御曹司だった。複雑な事情と深い苦悩を抱えたザイールに、エミリーは次第に抑えようもなく惹かれていった...!?
プレビュー
夕焼け物語
出版社:Google, Inc.
著:
分類:Literary Collections
プレビュー
夕焼けに染まる海辺で
出版社:ハーレクイン
著:ジョージー・メトカーフ
分類:Literary Collections
エミリーは念願の医師になり、故郷に戻ってきた。小児外科センターに勤務することになった彼女は、その男性を見たとたん、恋に落ちた。これまで出会ったこともないほどの美貌。さらに美しいのは、患者である赤ん坊に向けた彼のほほえみだった。しかしエミリーに目を向けたとき、彼の顔に笑みはなく、根深い苦悩の色がくっきりと刻まれていた。この男性こそ、小児外科センターの医長、ザイードだった。なぜ彼はまるで私を締めだすように急に心を閉ざしてしまったの?そのときからエミリーは愚かにも、彼のことが忘れられなくなった。海辺の村ペンハリーを舞台にまた一つ生まれた愛の物語。それぞれの悲しみを胸に、夕日に染まる海辺で心を通い合わせた二人が、やがて愛の奇跡を引き起こす。
プレビュー
夕焼けとにょろり
出版社:ゴマブックス株式会社
著:寺澤 晋吾
分類:Fiction
突然、舌がしゃべりはじめた。 「にょろり」が彼の舌に寄生したのだった。 それは、どんなダサイ男も魅力的でモテモテにしてしまう性の魔物。 初体験 の苦い傷を心に抱える主人公「省吾」は、そのトラウマによる吃音にくわえデブで剛毛でニキビ面で、あげく酷いワキガの男だったが、「にょろり」の力によって生活は激変する。 話術のみならず容姿や体臭まで生まれ変わった彼は超モテ男に変身。 あらゆる年齢層の女性達(時に男性)を片っ端から口説き落としていく。 それは夢見ていた自分の姿だった。 ひたすら淫蕩生活にふける日々。 そんなある日、省吾の理想を具現化したような絶世の美女と出会い、恋人として付き合い始めるのだが・・・。 ※本作品は2008年に、ぶんか社より電子出版されていたものを加筆訂正し再発売。 表紙絵・寺澤晋吾
プレビュー
さんぽキャッツ ~夕焼け時のネコたちへ~
出版社:百葉舎
著:megumi
分類:Photography
さんぽキャッツ 夕焼け時のネコたちへ 撮影場所は、主に大田区の平和の森という公園。 もともと猫が好きで(媚びないところや気ままなところ)当時は、猫が飼えない環境だったため公園等で猫撮りを始めてみました。 ・・・人間のポートレイトを撮りたかったのですが、なかなか撮る機会もなく、と言うのも本音です。 猫を擬人化しているのかもしれません。 撮影時間は、ほとんどが夕方に近い時間帯から撮影してます。なぜかと言うと、光が優しくて自分の気持ちも落ちつくからだと思います。 ある1匹を撮影していると、どこからか現れた他の猫が体をぶつけてきたり頭突きをしたりで、その間は写真がすべてブレた記憶があります。 撮影するときは、エサは持っていきません。 あまり人なれすると、人を見かけただけで、近寄って来ます。猫嫌いな人にとっては、不快な存在でしかないですから、今はいたずらする人もいますからね。 最近流行りの猫写真集のように綺麗な野良猫ばかりではなくて、耳がただれていたり、目が片方潰れていたりする猫もいます。そんな猫も猫なんです。 みんなから汚いと言われてしまう猫にも、今後はスポットを当てたいと考えています。
プレビュー


サンプル一覧  /  株式会社グローブワークス  /  WEBシステム屋のブログ--SaToRi--